우유이야기
  • 역사속의우유
  • 식품으로서의우유
  • 우유의영양
  • 우유가되기까지
  • 우유의열처리
  • 범산목장의원유살균
  • 질문
HOME > 牛乳のおはなし > 牛乳になるまで
牛の乳から絞りたての原乳をそのまま飲む人はほとんどいません。今日では、どんなに良質の牛乳でも熱処理しなくては「牛乳」として提供できなくなった理由があります。これが現在の牛乳の姿です。

機械化された酪農では、何頭かの乳牛を一度に搾乳機を使って搾乳します。搾乳機で搾乳された原乳は、パイプラインを流れてバーククーラーに保存されます。原乳は5度以下に冷却された状態で集乳を待ちます。集乳には冷蔵タンクローリー車が出動し、集乳された原乳はメーカーの工場に到着し、ここで受付検査が行われます。細菌数や無脂乳固形分、乳脂肪分などの濃度、比重などが調べられます。


原乳は加工処理を待つ間、工場の外に建てられた保存タンクで冷却保存されます。それからパイプを通じて処理工場に入っていきます。

次に余熱及び均質化工場に向かいます。原乳は均質機と呼ばれる機械を通過することによって均質化され(もしくは脂肪球が小さく砕かれ)、ついに加熱機に向かいます。加熱は熱板の間を通して行われます。そのため非常に短時間で大量の牛乳を加熱できます。

加熱後はすぐに5度以下に冷却されます。工場によってはすぐに瓶やパックに入れられます。こうして製品化された牛乳は5度以下に保存され、出荷を待つこととなります。その短い間に法規に従って製品検査が行われます。

乳脂肪成分がどの程度か、細菌数はどうか、大腸菌はどの程度か、などの成分規格にもとづいた検査です。こうした流通経路を経て、商品となった牛乳が各地で販売され、消費者の手に渡ることとなります。